主な出演アーティスト

山下洋輔トリオ

 山下洋輔: piano 小山彰太: drums 林 栄一: alto sax
伝説の「山下洋輔トリオ」が、入間のグリーンティーJAZZフェスティバルで復活します。小山彰太は1976年から、林栄一は「プラスワン」として1981年から「山下洋輔トリオ」に参加し、1983年の解散まで、日本国内やヨーロッパのコンサート・ツアーで存分に暴れまくりました。30年以上の時を経て今回の再結集が実現。再び熱い演奏を聞かせてくれます。なお、1983年のヨーロッパでのライブの模様は、2015年に初CD化されたライブ盤『イン・ヨーロッパ1983』(COCB-54135、コロムビア)でも聴くことができます。

山下洋輔


 1969年、山下洋輔トリオを結成、フリー・フォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を与える。国内外の一流ジャズ・アーティストとはもとより、和太鼓やシンフォニー・オーケストラとの共演など活動の幅を広げる。88年、山下洋輔ニューヨーク・トリオを結成。国内のみならず世界各国で演奏活動を展開する。
2000年に発表した自作協奏曲を佐渡裕の指揮により04年にイタリア・トリノで再演。06年オーネット・コールマンと、07年にはセシル・テイラーと共演。08年「ピアノ協奏曲第3番<エクスプローラー>」を発表。09年、一柳慧作曲「ピアノ協奏曲第4番 “JAZZ”」を世界初演。歴代メンバー総出演の「山下洋輔トリオ結成40周年記念コンサート」を開く。13年、ニューヨーク・トリオ結成25周年アルバム『グランディオーソ』をリリース。15年にはスペシャル・ビッグバンドのCD『新世界より』をリリースする。16年2月、ウィーン楽友協会ホールで佐渡裕指揮のトーンキュンストラー管弦楽団と共演し、大成功を収める。
99年芸術選奨文部大臣賞、03年紫綬褒章、12年旭日小綬章を受章。国立音楽大学招聘教授。演奏活動のかたわら、多数の著書を持つエッセイストとしても知られる。
公式ホームページ http://www.jamrice.co.jp/yosuke/

沖野ゆみ

 東京生まれ。子供の頃より父親の転勤で渡英、ロンドンに14年滞在する。本場のミュージカルに魅了されロンドン市内にある名門演劇学校”Mountview Theatre School”のオーディションに最年少(16歳)・初の日本人として合格、3年間ミュージカルシアターを学ぶ。イギリスにおいて数々のショーケース、TV、CM出演を経験。日本に帰国後ジャズに目覚めジャズヴォーカルを学び、ライブハウスで活動を開始。現在、都内・横浜方面のジャズクラブを中心に音楽活動を展開。レパートリーもジャズスタンダードからソウル、ポップスまで幅広くカバー。デュオ編成からビッグバンド編成まで(tp高瀬龍一ビッグバンドの専属ヴォーカリスト)、柔軟に対応出来るバイリンガルヴォーカリストである。明るくパワー溢れるステージングが定評で地方公演、ホテルラウンジ、パーティーやイベント出演も多数依頼を受けている。2008年2月20日にファーストリーダーアルバム ”start me up”をリリース。2010年8月24日に2枚目のリーダーアルバム”With A Song In My Heart”をリリース。Rogers & Hartの作品集として、ファーストと同様、自らアレンジを手掛け、第一線で活躍する11人のジャズメンと共演する豪華なアルバムとなった。

高瀬龍一

 1964年福岡県生まれ。故福原彰氏に師事しジャズトランペットの基礎を学び、その後故世良譲(p)クインテット、森山威男(ds)グループ、寺下誠(p)クインテット、山下洋輔(p)ビッグバンド、角田健一ビッグバンド、守屋純子(p)オーケストラ、佐藤春樹(tb)&東京リーダーズ・ビッグバンド、岸義和(tp)ビッグバンド、三木敏悟&インナーギャラクシー・オーケストラ等のメンバーとして活動。 高瀬龍一率いるビックバンドも2012年に活動を開始。カウント・ベイシー・オーケストラのナンバーのみを演奏する日本で唯一のビッグバンド。都内ジャズクラブ、ホテル、コンサートホール、ジャズフェスティバル等で演奏活動中。
http://home.att.ne.jp/sky/jazzy/

Bloodest Saxophone

 1998年結成。極上のビンテージサウンドを送るJump/Jazz Band ”Bloodest Saxophone”。通称”ブラサキ”。東京を中心に全国ライブ展開中。2003年発売の1stアルバム”Blood-est!” から現在までに10枚のアルバムをリリース。メインの活動の他にも伝説のホンカー”Big Jay McNeely” やルイ・アームストロング楽団の専属シンガーとして活躍した ”Jewel Brown” をフィーチャーしたライブやアルバムが話題となる。2015年夏、Bloodest Saxophone feat. Jewel Brown でFUJI ROCK FESTIVAL ’15 に出演。2015年末、初の香港公演成功。2016年6月の公演、年末~2017年始の香港公演では全公演ソールドアウト。2016年、Sunset Live 、中洲ジャズ、KANAZAWA JAZZ STREET 、ロッケンロー★サミット等の大型フェスに出演。2017年、新作アルバムのリリースを予定。